<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
STOP THE WATER WHILE USING ME!
最近このブランドを取り扱っているお店をよく見かけます。
先日も青山の1LDKでも"POP UP STORE"を展開していました。
我が家でも、このシャワージェルを愛用しています。何と言ってもこのネーミング
がいいですねー!パッケージデザインも可愛らしいし、おススメです!

f0010106_2129281.jpg

[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-29 19:00 | INTERIOR
12AW COMME des GARCONS HOMME
このFWで最初に購入したのが、HOMMEのラインから。何か今期のHOMMEは今までとちょっと雰囲気が違う感じが。。。でもいい意味でですが。まー淳弥さんがデザイナーという事もあるのでしょうが。
このスウェットも「これギャルソンなの?」という雰囲気です。
ただこのブランドが手がけると、やっぱり違います!このヴィンテージ感!素晴らしいです!
ベタなロゴですが、オールドイングランドのフォントだといいですね。

f0010106_21181159.jpg

f0010106_21183741.jpg

[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-25 21:25 | COMME des GARCONS
WOOD&FOULK CAMP STOOL
WOOD&FOULKのキャンプスツール

まさに"MADE IN USA " しかも "MADE IN OREGON" しかもハンドメイド、さらにこのレザーの厚みと質感、まさにアメリカの匂いがプンプンとします!

f0010106_1775690.jpg
f0010106_1774446.jpg
f0010106_178998.jpg

[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-19 18:00 | INTERIOR
「NEPETHICA」SUMMER EXHIBITION "ADENIUM"
今年も去年に引き続き開催された「ネペチカ」のイベント!
今回は砂漠のバラと呼ばれる「アデニウム」にフューチャー。根元が膨らんでいる姿
からボトルツリーとも呼ばれています。
一応多肉植物の一種のようです。この存在感いいですねー!

f0010106_1645562.jpg
f0010106_16444462.jpg

f0010106_16492199.jpg

いつかこんな花が咲くのを楽しみに....
[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-16 16:51 | INTERIOR
W)TAPS 3PIECES TANKTOP
シャツの下には、W)TAPSの3枚パックのリブタンクトップを着用しています。
毎年買い替えているぐらいお気に入りのアイテムです!

f0010106_1463822.jpg
f0010106_1464678.jpg

[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-13 01:53 | FASHION
ART&SCIENCE
ART&SCIENCEのオリジナル小物達。

f0010106_23224859.jpg

左上から時計回りに、  

・手ぬぐい:広げると「A&S」のロゴが浮かび上がります。
・メモ帳:グレイ、ブラウン
・ボールペン
・ロングマッチ:60本入り キャンドル使用の際に重宝します。
・レザーブックカバー:文庫本サイズ ベジタブルタンニングで味が出ます
・STEAM CREAM:冬場は大活躍 毎年カラーが変わるので楽しみにしています。
・レザー小銭入れ
・レザーペンケース:小銭入れと同素材で使い込むといい艶が出ます。
[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-08 19:22 | INTERIOR
BATTEN SPORTSWEAR
MADE IN BROOKLYN の注目ブランドです!生い立ちも素晴らしいです!だから好きなのかも。

Designer Biography  以下大阪のセレクトショップ「NALU」から引用

Shinya Hasegawa氏は東京出身で、10代の頃はスポーツとファッションに多くの情熱を注いだ。最初はラグビー、そしてロッククライミング・キャンプ等、多くのアウトドアスポーツを楽しみ、彼がサーフィンの魅力に取り付かれるまでに多くの時間はかからなかった。
16歳まで、アメリカやヨーロッパのスポーツ・アウトドアウェアを捜し求め東京の様々なヴィンテージストアを歩き回った。まさに、その時代は東京におけるアメカジブームの最盛期であり、彼より上の世代のリーダー達がパタゴニアやレッドウィング等のスポーツウエアやワークウエアを東京の様々な店に卸し始めたときでもあった。
そして東京にある製造工場に勤めた後、30歳の時、FIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)の学位をとるためにニューヨークへ移住。
卒業後7年間、NYのヴィンテージストア「what goes around and comes around」で働き、ヴィンテージクロージングとインターナショナルマーケットへの理解を深めていった。
近年ではDaiki Suzuki氏・Mark McNairy氏の下で”Woolrich Woolen Mills”のアシスタントデザイナーを合計4年間務めた。
NYでの10年間を通して、彼自身のデザインの原型ともなった日本のアメカジブームを作り上げた多くのデザイナー達と出会い、彼に影響を与えた多くのデザイナーは、彼自身のブランドを創る上での指針となる。
2011年、スポーツウエアに彼自身の名を残す為にBatten LLCをスタート。Batten Sportswearとともに彼はディティールやクラフトマンシップに対する玄人たちの目を満足させるだけでなく、アウトドアやシティーライフスタイルをも満足させる洋服を目指している。彼の最初のコレクションは2012 Spring & Summerからスタートしたばかりである。

f0010106_22405561.jpg
f0010106_22403268.jpg

f0010106_22414859.jpg

NY NEPENTHESでPOP UP SHOPを展開した際に発売された、コラボレーションTEE
f0010106_22412549.jpg

[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-04 23:02 | FASHION
出西窯
島根県の出雲市近郊で作られている、「出西窯」 柳宗悦の民藝の影響を受けた窯元としても有名です。
柳宗理デザインの「焼き締め」のものは普段も使っているのですが、今回は飾り用として9寸(約27cm)ぐらいの大き目の皿を購入しました。この「出西ブルー」と呼ばれる瑠璃色は本当にきれいです。

f0010106_18245047.jpg
f0010106_18252838.jpg

[PR]
by HFUNDERCOVERISM | 2012-08-01 18:23 | INTERIOR